内科・腎臓内科・糖尿病内科・アレルギー内科・漢方内科の上田市山浦内科クリニックです。

蛋白尿・血尿

血尿
尿の色が赤くなる状態を肉眼的血尿といい、健診の尿検査で尿潜血が陽性と指摘された状態を顕微鏡的血尿といいます。原因としては以下のものがあります。

(1)一過性の血尿(風邪、激しい運動のあとなど)
(2)慢性腎炎(IgA腎症など)
(3)尿路感染症(膀胱炎、腎盂腎炎など)
(4)悪性腫瘍(膀胱がん、腎がんなど)
(5)前立腺疾患
(7)腎結石、尿管結石など

これらの疾患があるか調べる目的で尿沈渣、尿細胞診(尿に悪性細胞が出ていないか調べる)、超音波検査を行います。顕微鏡的血尿は加齢とともに増加し、多くの患者さんでとくに治療を必要としないものですが、健診で指摘されたら、一度は詳しい検査を受けましょう。
また、血尿と蛋白尿両方が陽性の場合は糸球体腎炎の可能性があります。下記蛋白尿を参照して下さい。

蛋白尿
 原因としては以下のものがあります。

(1)一過性の蛋白尿(風邪、激しい運動のあとなど)
(2)立っていると尿蛋白が出る(起立性蛋白尿)
(3)慢性腎炎、糖尿病性腎症、などの糸球体からもれる蛋白尿
(4)悪性腫瘍(膀胱がん、腎がんなど)
健診などで尿蛋白が出ていると言われ受診すると、まず尿検査を再検します。陰性であれば、一過性のたんぱく尿であり、経過観察でかまいません。
陽性であれば、早朝尿(朝起きたときの尿)を検査します。陰性であれば問題ありません。
その検査でも陽性であれば、24時間の蓄尿検査を行います。尿蛋白が一定量以上出ているようであれば、慢性腎炎の可能性が高いため、腎臓内科のある病院を紹介し、腎臓の一部を採取する検査(腎生検)を受けて頂きます。その時点で正確な診断がなされ、治療方針が決まります。

 

 

 

 

baner.gif