内科・腎臓内科・糖尿病内科・アレルギー内科・漢方内科の上田市山浦内科クリニックです。

浮腫(むくみ)

浮腫(むくみ)というのは、血管の外にもれ出た水分が正常より多くなった状態のことです。浮腫かどうかは足のすねを指で押してみれば分かります。指の跡がついて戻らなければ浮腫です。
浮腫の原因としては以下のものがあります。浮腫の原因としては腎臓の病気がもっとも多く、まずは尿検査、腎機能を調べる検査が必要です。
 

腎機能障害
心臓病(心不全)
  さまざまな心疾患が原因で心臓の収縮力が弱まり、身体の静脈に血液のうっ滞が起こり出現します。
低たんぱく血症
  腎臓から蛋白がもれる(ネフローゼ症候群)や肝臓で蛋白がつくられない病態(肝硬変)などがあります。
薬剤性
  消炎鎮痛剤(NSAIDs)や降圧剤、ホルモン剤などによって起こることがあります。
甲状腺機能低下症

原因不明の浮腫は「特発性浮腫」です。女性に多く、長時間の立位により増強する、朝夕の体重差がある、浮腫、体重増加を気にしやすい、等の特徴があります。有効な治療法はありませんが、五苓散、当帰芍薬散などの利水剤に分類される漢方薬が効果があることがあります。











 

baner.gif